◆ファンドレイジング活動


◆広島YMCA国際協力募金

毎年11月から2月末にかけて、YMCAでは国際協力募金活動を行なっています。特に12月には、会員の方々や子ども達と街頭に立って、市民のみなさまに募金を呼びかけています。募金はYMCAが行う国際交流活動や海外の災害支援などにユースを派遣する活動に使われます。毎年、広島YMCAには200万~250万円の募金が寄せられています。

国際協力募金使途について
1.海外からの青少年・交流団体の受入・平和交流プログラム 
 国際青少年平和セミナー海外ユース受入・ホノルルとハノーバーユース受入など

2.留学生支援

 広島県在住の日本語を学ぶ留学生の学習補助など   

3.海外ボランティア派遣・国際交流ユース育成プログラム
 フィリピンワークキャンプユース派遣 日中韓平和フォーラムユース派遣など
4.日本YMCA同盟を通しての活動・災害支援
 日本YMCA同盟への送金・国際協力募金活動・アフガン難民支援など

 

 

◆お振込みの場合

   銀 行:もみじ銀行 広島中央支店 普通1029422 

        名義:公益財団法人 広島YMCA 

  

   郵便局:ゆうちょ銀行 口座記号 01370-3- 口座番号 82635

       名義:公益財団法人 広島YMCA(通信欄に国際協力募金を明記)

 

 

2018年度 国際コミュニティーセンター活動内訳

◆国際協力募金100円の内訳

   2018年度は西日本豪雨災害復興支援活動が中心となりました。

 

税制上の優遇措置について

広島YMCAの「募金」につきましては、特定公益増進法人への寄附として、税制上の優遇措置を受けることができます。「寄付金領収書」が必要な方は、お申し出ください。詳しくは寄附金控除の項をご覧ください。


◆2019-2020街頭募金活動のお知らせ


 

☆日  時 2019年12月8日(日)

☆集  合 午後1:00

☆解  散 午後4:00頃

☆集  合 1号館 地下 ホテル実習室

☆解散場所 1号館 地下 ホテル実習室

      募金集計・交流会後解散

☆実施時間 午後2:00~3:00位、市内繁華街

☆持参物  防寒着

 


◆YMCA街頭募金活動のご報告


12月に入り、寒風が吹き寒さも厳しくなりました。広島YMCA中央ブランチでは12月の第2週目に街頭募金活動を展開いたしました。12月5日(水)にYMCA保育園の年長組の子ども達、12月8日(土)中央専門学校の学生の皆さん、12月9日(日)にYMCA専門学校生やメンバーと職員/講師により、広島市の繁華街5か所において実施されました。それぞれの募金結果は以下の通りです。

12月5日(水)YMCA保育園     95,506円
12月8日(土)中央専門学校生     90,857円
12月9日(日)メンバーとスタッフ  111,390円 
合計 297,753円

多くの広島市民の皆様にご協力いただき、ありがとうございました。集まった募金は広島YMCAの国際交流・国際支援活動・平和教育活動・災害支援活動等に活用させていただきます。


国際協力募金ヒストリー


広島YMCAの募金活動のルーツは1950年12月に始まった「お友達助け合い運動」がその起源となっています。この年に始まったこの運動は、当時の広島YMCA少年部の青少年会員を中心に、毎年12月1日~20日まで、寒風吹きすさぶ街頭で募金活動を展開し、冬の風物詩として広島の街に定着しました。その活動は、後の他団体の募金運動をも喚起させ、大きな輪の中心的存在となりました。高度成長期を迎え、国民の生活が安定した1970年代にこの運動は幕を閉じ、「個人の生活救済の観点」から「国際的な支援協力」にその目的を変え、広島YMCA国際協力募金へとつながりその助け合い精神は今も続いています。

 

◆インターナショナルチャリティーラン


障がいのある子ども達とその家族にとって、日ごろの生活には困難が多く、野外活動やスポーツ活動の機会も多くありません。YMCAではこのような環境にある子ども達が心豊かに楽しい生活が送れるよう、さまざまなプログラムを提供しています。YMCAのインターナショナルチャリティーランの収益は、こうした活動の費用を補い、プログラムの実施を可能にします。ファミリーや会社の同僚、気の合う友達同士でチームを組んでチャリティーランにご参加いただくことで、障がいのある子どもたちを支えていくことにつながります。

 

●2019年度 インターナショナルチャリティーラン 報告


11月23日(祝)広島YMCAインターナショナルチャリティーランが広島市中央公園で行なわれ、約320名が参加し大会を盛り上げました。雲一つない秋晴れの元、最高気温も19℃まで上がり、とても暖かな1日となりました。10時半から受け付けを開始、大会諸注意やAEDのデモンストレーション、楽しい準備体操を行い、11時にランをスタートしました。スピード重視のチーム、楽しくお散歩気分のチーム、コスチュームに趣向を凝らしたチームと様々でしたが、楽しく大会に参加していただけたようです。ラン終了後は、ワイズメンズクラブが提供してくれたトン汁やぜんざいをいただきながら、ファミリーや友達同士でのんびりピクニック気分を味わいました。暖かな素晴らしい秋の天気の中、笑顔の絶えない1日となりました。このチャリティーランの収益は障がいのある子ども達の野外プログラムに活用されます。