平和活動・平和教育


1945年8月6日 広島は原子爆弾によって廃墟の街となりました。その3ヵ月後、生き残った会員達は、「広島の復興はYMCAの復興なくしてはありえない」の信念の元、活動を再開します。翌年の1946年の11月には八丁堀の土地を借受け、焼け野原ですごす少年達を集め青少年教育活動を始めます。その活動は「直接的ではないが、少なからず戦争に加担し、多くの子ども達に苦しい、悲しい思いをさせてしまった。」という思いが会員達を突き動かしました。以来、YMCAでは平和を基軸とした青少年教育のプログラムを実施しています。

 

YMCAの平和教育・平和活動プログラム

  • 国際青少年平和セミナー
  • 平和の灯篭流し・ピースランタン
  • 市民平和行進
  • 原爆の子の像建立記念式典
  • ヒバクシャ国際署名

◆国際青少年平和セミナー             (International Youth Peace Seminar)

1977年に「平和」ということについて深く考え、国際交流を図ることを目的にスタートしました。日本中の高校生はもちろん、海外の高校生も広島に集まり、毎年8月4~8日の5日間のプログラムを行っています。同じ日本人の高校生でも育った環境が違えば戦争・平和に関する考えが違います。海外の高校生の考え方に驚かされることもしばしばです。このプログラムをとおし、参加者は考え方の違いを受け止め、平和について自分たちにできることを見いだし、そして、核兵器廃絶の必要性を強く胸に刻みます。このプログラムの特徴は企画・運営を、大学生を中心としたボランティアリーダーが行っていることです。この学生ボランティアは常時募集しております。希望者はご連絡ください。

 

◆平和のとうろう流し・ピースランタン

12年前、広島の「サダコの折鶴」の話を知ったヨーロッパのアルメニアという国の子ども達から、広島のとうろう流しで平和のメッセージを流してほしいという要望が広島市に届きました。その思いを具体的にプログラムにしたのが、YMCAの平和のとうろう流しです。広島YMCAのパートナーシップのYMCAにも呼びかけ、多くの国から平和のメッセージが届くようになりました。広島YMCAのプログラムに参加する子ども達やファミリー、国際青少年平和セミナーの参加者も一緒に平和のメッセージをとうろうとして作成し、、8/6に平和公園にある親水テラスから元安川に浮かべ、平和への祈りをささげています。

 

◆「市民平和行進」への参加とサポート

毎年8月4日・平和の願いを市民にアピールし、考えるきっかけをつくる市民平和行進に市民6段団体の代表として参加しています。スタート地点が福島生協病院前と稲荷橋西詰に分かれてスタート。約750名が広島の街を歩きます。最後は平和記念公園の慰霊碑に、広島県原爆被爆者団体協議会と広島県生活協同組合連合会とともに、平和の献花をします。

 

◆「原爆の子の像」建立記念式典への協力

平和記念公園にある「原爆の子の像」建立の際、YMCAは大きな役割を果たしました。毎年フラワーフェスティバル最終日の5月5日には、広島女学院大学主催の「原爆の子の像建立記念式典」に協力しています。式典では、フラワーフェスティバルで市民の皆さんに協力いただいた折鶴を千羽鶴にし、広島YMCA理事長・広島YMCA副総主事、広島女学院大学代表によって、原爆の子の像に献納を行います。また、平和創作劇を演じる活動をしている「I PRAY」の子どもたちが、原爆の悲惨さ・平和の大切さを伝える歌とダンスを披露してくれています。

 

◆ヒバクシャ国際署名 広島集会を開催しました。

6月1日に元安橋で行われた「ヒバクシャ国際署名」松井市長も参加しました。

6月8日おこなわれた「ヒバクシャ国際署名」広島集会。核兵器廃絶を望む広島の被爆者7団体が集まって、オール広島で核兵器禁止条約に向けて思いを一つにしました。平和文化センター理事長・小溝泰義氏の開会挨拶、スティーブンリーパー氏の基調講演や平和を願うNPO ・NGOのリレートークなどが行われました。この集会を支えたのは、広島の若い世代の人たちです。被爆者の方の思いは広島のDNAとしてこれから若い世代に引き継がれていくでしょう。

連絡先:国際コミュニティーセンター

電 話:082-228-1151


公益財団法人 広島YMCA 国際コミュニティーセンター

Global Community Center

広島県広島市中区八丁堀7-11

TEL 082-228-1151 FAX 082-211-0366